フィールドブックとは

 

私たちは、マーケティングリサーチにおけるリアルな実査(フィールドワーク)

業務を主に行っている市場調査会社です。

 

フィールドブックの問題意識

 

Ⅰ.真に代表性のある「定量調査」

現在、多くの定量調査がWebで実施されております。確かにWeb調査のスピードと低コストは魅力です。Web調査で的確な結果が導かれることも少なくありません。

しかし、PCに対するリテラシーのない生活者、自ら進んで回答しようとしない生活者の実態を知り、意見を聴取する必要はありませんか?

 

Ⅱ.対象者が自由に語れる「デプスインタビュー」

定量調査は生活者像全体をとらえるために重要です。しかし標準化された質問からは見えてこない真実があります。そのためには定性調査が必要です。

定性調査には大きく分けて「デプスインタビュー」「グループインタビュー」がありますが、私たちはデプスインタビューに注目しています。

グループインタビューは高度なスキルを持った「モデレーター」によってコントロールされます。「互いに触発し合う」ことにグループインタビューの意味があります

しかし、6人のグループで2時間話しても、ひとりの発言時間はしょせん15分です。出席者同士の遠慮もあるでしょう。

1人の個性的な意見や知見をすくいあげることは難しい、とお感じではないでしょうか。 

 

フィールドブックができること

 

定量調査においては、首都圏を中心に各地方の主要都市に、熟練した訪問調査員が所属しており、「代表性のあるサンプル」、あるいは「出現率の低いサンプル」を確保出来ます。

定性調査においては、首都圏に経験豊富はデプスインタビュアーがおり、生活者の本音をとらえることが出来ます。

 

私たちは、上記調査員との人的な信頼関係をもとに、ネットワークを築いております。私たちと調査員・デプスインタビュアーの信頼関係は、参加者との信頼関係に投影されるものと考えます。

信頼関係がなければ、真実には迫れません。

 

 

 


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright(C) 2011 FIELDBOOK, All rights resarved